オススメの記事パソコンの不具合と解決遠隔操作でのPCの操作

遠隔操作でPCのサポートをしました!

Term Viewer(遠隔操作のソフト)

PCの遠隔操作でかなりのことが解決できるなと思った次第です!

Term Viewer(遠隔操作のソフト)
Term Viewer(遠隔操作のソフト)

友人から電話がかかってきて、「ハードディスクのCドライブが容量不足になってしまった。どうにかならないか?」という質問を受けました。Dドライブがあって、そこにはデータがはいっているが他のメディアに移動できるとのこと。ではということでハードディスクの容量を増やすために、「コントロールパネルの「コンピュータの管理」から「ディスクの管理」を開いてください。」と指示しました。そこでドライブの増減を使って、Cドライブの増加をしたいと思っていました。

しかし。何と「Dドライブの削除ができない」という返答が・・・。

そこで問題を見極めるために。先方のパソコンにネットワーク越しに入ってみようということになり、遠隔操作用のソフトをインストールすることになりました。遠隔操作用のソフトとしてインストールしたのは、「Term Viewer」というものです。このソフトは意外と簡単で、遠隔操作をされる側のコンピュータのパートナーIDとパスワードを遠隔操作する側のパソコンに入力すれば、相手のパソコンをそこに出かけて操作するように、操作できます。

遠隔操作で入ってみると、Dドライブが何かに利用されて、削除ができないようです。いろいろ調べると、Dドライブのシステムに仮想メモリーが設定されているようでした。そこでコントロールパネルの「システム」→「システムの詳細」を開き、「パフォーマンス」の箇所で仮想メモリーをDドライブから移動するために「詳細設定」で仮想メモリのDドライブをページングファイルなしに設定しました。再起動すると、見事にDドライブが削除できて、「未領域」に設定できて。Cドライブの増加ができました。

せっかくというので、ほかもメンテしてあげました。正直言って、「遠隔操作」で人のパソコンに入って、メンテナンスはそれなりにできるなと思った次第です。

数分後、娘から電話がかかってきて、パソコンの調子が悪いというので、また遠隔操作でと思ったのですが、何と娘のパソコンは立ち上がらない現象に陥って、明日以降の再度挑戦ということになりました。

佐々木夏実

natsumi_s_58
natsumi_s_58代表

東京26年、横浜20年在住、主に社会科地理の教員として、子どもの目線を大事にした教育を行ってきました。46歳の時に北海道に移住し、ITサポート@オホーツクを主催し、Web制作とPCの訪問出張サポートを行っています。また「いいたび@オホーツク」で旅ガイド・自然ガイドも行っています。1958年9月8日生まれ:59歳

コメントを残す