ITサポート@オホーツク

停電が復旧したときにPCやインターネットで起こる問題

投稿日:

やっとこれでパソコンやインターネットが重い存分できると思ったのに・・・

北海道の全域で停電が起こりました。長い停電から復旧し、これでパソコンやインターネットがやれると思ったときに、パソコンが立ち上がらない・・・インターネットに繋がらない。Windows10の場合は「Windowsが正しく読み込まれませんでした」などのエラーメッセージがでてうまく起動でないということがおこります。

インターネットが繋がらないと言うときは、NTTやプロバイダーの問題があるかもしれないのでしばらく放置しておくと直ることがあります。今日はこのような問題がありました。しばらく放置しておくと直らない場合は、NTT(AU)などのONU(ホームゲートウェイルーター)や無線LANルーターが故障している場合があります。この場合は、NTTやAUに問い合わせてみるとよいと思います。(弊社ではこのようなトラブルは直せません。)

その一方で、ONU(ホームゲートウェイルーター)は正常に接続できる(有線では繋がる)のに、無線LANでは接続できないという場合があります。こういう場合は大抵の場合、無線LANルーターが停電により、故障してしまったことなどが考えられます。こういうときは、ITサポート@オホーツクにお問い合わせください。新しい無線LANルーターを持って復旧に伺います。

パソコンが立ち上がらないという場合は、深刻です。ITサポート@オホーツクでは、今お使いのパソコンのデーターを可能な限り取り出して、パソコンを復旧させます。

とにかく停電が復旧したあとは、パソコンやインターネットにトラブルがつきものです。そういうときは慌てずにITサポート@オホーツクにお問い合わせください。

■ITサポート@オホーツクへのお問い合わせ

ITサポート@オホーツク

パソコンの訪問出張サポートを行っています!

投稿日:

■ITサポート@オホーツクでは各種パソコンの訪問出張サポートを行っています。

◆ホームページ http://itsupport-okhotsk.com/

◆パソコンの訪問出張はお客様のご家庭・企業に実際に訪問して様々なトラブル解決や機器の設定を行うものです。

●パソコンの調子が悪い。

●パソコンが起動しない。

●パソコンの一部のソフトがうまく起動しない。

●パソコンのハードディスクを交換したい。

●パソコンのハードディスクをSSDに交換したい、

●パソコンのメモリーを増設したい。

●パソコンのDVDーROMをマルチドライブに交換したい。

●パソコンのマルチドライブをブルーレイディスクに交換したい。

●パソコンのOSをWindows10にアップグレードしたい、

●パソコンのOSをリカバリーしたい。

●パソコンの動作が重いので高速に起動したい。

●などなど・・・パソコンで困っていることを解決したい!

そういう時、北海道のオホーツク地域やその周辺の地域だったらITサポート@オホーツクを利用してください。

■ITサポート@オホーツクでは、パソコンの様々なトラブルや周辺の機器の交換を安価で丁寧な説明で解決します。

時間が空いていたら即刻訪問させていただきます。

■訪問できる北海道・オホーツクの地域は以下の通りです。

・小清水町・清里町・網走市・大空町・北見市・斜里町・中標津町・標津町・津別町・羅臼町

・訓子府町・佐呂間町・遠軽町・紋別市・釧路市・釧路町・滝上町・興部町・西興部村・雄武町

・その他の地域については、ご相談ください。北海道内であればどこでも伺います。また、提携企業のご紹介も行います。

■訪問出張サポート料金

ITサポート@オホーツクのホームページをご覧ください!

パソコンの調子が悪いと思ったたら、パソコンについて何かやろうと思ったらまずご相談ください。

■ITサポート@オホーツクへのご連絡とご相談

●対応時間:10:00-19:00 年中無休

●電話:090-1656-0760

ホームページからの問い合わせ

★ITサポート@オホーツクでは格安にて中古・新品のパソコン・周辺機器の購入・設置・設定も行っています。

ITサポート@オホーツク

パソコンをリカバリーしてみるのも一方法!

投稿日:

リカバリーとはOSの再インストールして再セットアップすることです!

 今僕が使っているパソコンはWindows10です。Windows10はクリーンインストールしたんですが、長く使っていると動作不良が出てきます。ストレージはSSDを採用し、CPUはCore i7、メモリーは16GB積んでいるので、パソコンの動作自体はそれほど重くないのですが、iTuneが途中で全く動かなくなったり、Chromeが起動しなくなったりと不具合があちこちに出てきました。

 これらの不具合の解消は、個々のトラブルシューティングでやってみたりもしましたが、あちこちに不具合が出てきたので。これはパソコンを元のインストール状態に戻してみるというのも一つの方法です。

 今のWindows10は、これまでのOSと違いそれぞれの段階で再インストールができるので、最初に戻ってひたすらアップデートしなくても、その時点の最新のOSをインストールすれば最新の状態のなります。OSだけの再インストールだけなら一時間もあれば終わってしまいます。

ITサポート@オホーツク

 Officeやウイルスソフト等のインストールもそれほど時間がかかりません。後はネットを使って再インストールなので時間もそれほどかかりません。

 データは、Cドライブではなく、別のドライブに入れているので、バックアップなどの必要もありません。

 結局、今回のリカバリー作業は3時間ちょっとでおわりました。その上、各ソフトは快適に動作するし、動きも若干軽くなったような気がします。

 パソコンが重くなってきたり、動作不良が起きたら、リカバリーしてみるのも一方法だと思います。

ITサポート@オホーツクでは、パソコンのリカバリー作業も安価に、短時間で行っています。リカバリーをしてみたくなったらお問い合わせください。

ITサポート@オホーツク

PCの利活用

パソコンのストレージの主流はSSDです。

投稿日:

これからの時代はSSDを使いましょう!ハードディスクはデータを保管場所に!

SSD


これまでパソコンにはハードディスクが使われていきました。しかし、これに変わる新しいメディアとしてSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が注目されてきており、最近の新品のパソコンにはSSDが搭載されているものが増えてきました!

なぜ、SSDが注目されているかというとパソコンを高速に起動し、動作させるからです。我が家のパソコンは4台ありますが、すべてSSDに積み替えました。それだけSSDは高速に動作します。

ちょっと古いパソコンでもハードディスクからSSDに変更することでまったくこれまでと違うパソコンに生まれ変わります。我が家のパソコンの中には古いCore2DuoをCPUに使っているものがありますが、これもストレスなく動作しています、

SSD

起動が遅いパソコンの場合これまでメモリの容量が少ないことがあげられましたが、SSDはメモリの増設とは比べるものにならないくらいその威力と高速性を体感できます。

プログラムの入っている領域(パソコンでいえばCドライブにあたる部分)は、SSDで動かし、データを保存する部分には従来のHDDを使うというのが経済的です。

これまでのHDDで使っていたシステムをSSDに変更しようとするとちょっと大変です。まったく違ったシステムにするわけですから、当然ですが。HDDを簡単にSSDに変更することもできないわけではありませんが、どうせならまっさらな状態でシステムを構築した方が良いです。

ITサポート@オホーツクでは、HDDからSSDへの載せ替え作業を有料になりますが、安価に行っています。システムを入れ替えるにはいくつか気をつけることがありますが、それを確実に守っていけば、確実に高速な環境が得られます。

この際、パソコンのシステムを高速化するにあたってSSDに変更することをオススメします。

詳細はITサポート@オホーツクへ

電話:090-1656-0760

電子メールでのお問い合わせ:ホームページより

◆これからの時代はSSDを使いましょう!ハードディスクはデータを保管場所に!SSDが注目されているかというとパソコンを高速に起動し、動作させるからです。ITサポート@オホーツクでは、HDDからSSDへの載せ替え作業を有料になりますが、安価に行っています。

オススメの記事

中古ソフト販売しています! Windows10Home

投稿日:

中古ソフト販売しています! Windows10 Home 64bit DSP

中古ソフト販売しています! Windows10

Windows10 Home 64bit DSP+DDL 256M メモリ

販売価格:16,800円(税込、送料別途)

ちょっと前なら無料で入手できた[「Windows10 Home 64bit」です。もはや有料になってしまいました。マイクロソフトでは、19,008円 税込で販売しています。ITサポート@オホーツクでは中古ですが、ちょっと安く販売します。

オススメの記事

遠隔操作でPCのサポートをしました!

投稿日:

PCの遠隔操作でかなりのことが解決できるなと思った次第です!

Term Viewer(遠隔操作のソフト)
Term Viewer(遠隔操作のソフト)

友人から電話がかかってきて、「ハードディスクのCドライブが容量不足になってしまった。どうにかならないか?」という質問を受けました。Dドライブがあって、そこにはデータがはいっているが他のメディアに移動できるとのこと。ではということでハードディスクの容量を増やすために、「コントロールパネルの「コンピュータの管理」から「ディスクの管理」を開いてください。」と指示しました。そこでドライブの増減を使って、Cドライブの増加をしたいと思っていました。

しかし。何と「Dドライブの削除ができない」という返答が・・・。

そこで問題を見極めるために。先方のパソコンにネットワーク越しに入ってみようということになり、遠隔操作用のソフトをインストールすることになりました。遠隔操作用のソフトとしてインストールしたのは、「Term Viewer」というものです。このソフトは意外と簡単で、遠隔操作をされる側のコンピュータのパートナーIDとパスワードを遠隔操作する側のパソコンに入力すれば、相手のパソコンをそこに出かけて操作するように、操作できます。

遠隔操作で入ってみると、Dドライブが何かに利用されて、削除ができないようです。いろいろ調べると、Dドライブのシステムに仮想メモリーが設定されているようでした。そこでコントロールパネルの「システム」→「システムの詳細」を開き、「パフォーマンス」の箇所で仮想メモリーをDドライブから移動するために「詳細設定」で仮想メモリのDドライブをページングファイルなしに設定しました。再起動すると、見事にDドライブが削除できて、「未領域」に設定できて。Cドライブの増加ができました。

せっかくというので、ほかもメンテしてあげました。正直言って、「遠隔操作」で人のパソコンに入って、メンテナンスはそれなりにできるなと思った次第です。

数分後、娘から電話がかかってきて、パソコンの調子が悪いというので、また遠隔操作でと思ったのですが、何と娘のパソコンは立ち上がらない現象に陥って、明日以降の再度挑戦ということになりました。