▽ホームページの入門:名刺代わりのホームページ

◆詳しい情報を紹介できるホームページ

会社の近くにある水芭蕉

TVのコーマシャルなどでは詳しくは「WEB」でというように詳しい情報はホームページで紹介するようにしています。「WEB」というのは、インターネット上で標準的に用いられています。文書の公開・閲覧システム。文字や画像、動画などを一体化した文書をネット上で公開・配布したりすることができます。

また、それを入手・閲覧することができるのがWebです。文書内に別の文書への参照を埋め込むことができる「ハイパーテキスト」と呼ばれるシステムの一種をWebといいます。“web”とは蜘蛛の巣の意味であり、大規模なハイパーテキストの文書間の繋がりを図示すると複雑な蜘蛛の巣のように見えることからこのように呼ばれるなったといわれています。日本ではホームページというのが通常ですが、海外では「Web」というのが常識的です。

さてそのように考えると、名刺には限られた情報しか掲載することができません。そこで登場するのが「Web」です。Webでは、紙数の制限はありません。どれくらいの情報を掲載しても良いのです。自分の自己紹介や商売をしている人の場合、何を商品として販売しているのか、その販売している商品の詳しい情報をWebだったら紙数の制限なくのせることができます。

◆ついでに紹介する人の人柄や賞味なども紹介できます。

神の子池

Webでは紙数が限られていないことから、紹介する人の人柄や趣味でも紹介できます。見ている人からみれば、人柄や趣味が紹介されていれば、そこから親しみがわく可能性があります。僕の場合も自己紹介にアメリカのバンドであるTOTOが好きだと書いてあったことで仕事をもらえたことがあります。

名刺ではなかなか人柄や趣味まではわかりませんが、Webならそこまで深く追求することができます。電子メディアの世界であっても大事なのは、人と人のおつきあいであり、人柄がわかるということはとても大事だと思います。

◆Webには写真が重要です!

パソコン操作

Webには、文章だけの媒体ではありません。そこには必ず写真や動画が付いてきます。写真や動画があってこそWebほんらいの役割を果たせると言っても過言でないと思います。最近はスマートフォンで写真や動画撮るのが簡単になりました。Webではその写真や動画をすぐに掲載することができます。これは何と言っても強い武器=見方です。自分の表現したいことをWebで何でも表現できます。

日頃から写真や動画を撮影しておきましょう。それがいつWebに役立つかわからないからです。またふと気になったことをメモしおくことも大事です。そのメモがWebの発展の土台になる可能性があるからです。

◆さあ、Webを作りましょう!あなたの用意するもの・・・

ノートパソコン

Webを作るのに必要なものは・・・

  • Webで何をしたいか・・・Webで情報発信をしたいコンセプト
  • プロフィールと趣味
  • あなたの人柄を感じることのできる何か・・・

ITサポート@オホーツクは、それらを通じて、Webを仕上げて行きます。ITサポート@オホーツクがインタビューすることもあります。あなたの人柄がわかる写真の撮影をすることもあります。

◆名刺代わりのホームページの費用

パソコンを操作する女性

  • ホームページ制作費・・・無料
  • ページ数 5wページ(問い合わせフォーム付き)
  • 月あたりの運営費・・・5,000円(消費税別途)
  • ブログのオプション・・・1,000円(消費税別途)
  • 完全な独自ドメイン メールも1アドレス無料 ○○○○○○.com ○○○○○○.org ○○○○○○.net等 「○○○○○.jp」は追加料金2,500円
  • 月に何度更新しても無料
  • 契約期間 2年