インターネットの接続設定は最近は簡単になった!

インターネットの接続設定はこれまではNTTのONUと呼ばれるホームゲートウェイルータか有線・無線ルーターに設定していました。

インターネットでも渋滞は起こる
インターネットでも渋滞は起こる

インターネットの接続をするためには、OCNとかplalaなどのプロバイダーのIDとパスワードを書き込む作業が必要でした。これが意外と面倒で個人でやる人も多いのですが、僕のようなITサポートを行っている業者に依頼することも多いと思います。このようなインターネットの接続設定は「IPv4」と呼ばれる接続方式で、PPPoE接続ともいわれている方式です。

ところが最近は「IPv6」と呼ばれる方式が出てきました。

パソコンを使う女性

「IPv6」というのは最近増えている接続の方式で、「IPv6」方式だとこれまでの「IPv4」方式より、一般的に通信速度が早く、インターネットの通信量が増加する時間帯になると、ネットワーク終端装置の付近でトラフィックが混雑し、ネットワークの速度が低下すというような問題がおきにくいようです。

「IPv6」方式インターネット接続設定では、NTTのONUと呼ばれるホームゲートウェイルータでは、デフォルトで設定されていれば、プロバイダーのIDとパスワードを書き込む作業をしないでも接続がOKとなります。またNTTのONUに「IPv6」の設定をすれば、プロバイダーのIDとパスワードを書き込む作業をしないでも接続がOKとなります。
市販の無線ルーターの場合、「IPv6」対応と表記されているものであれば、無線ルーターを取り付けて電源を入れて数分待てば、インターネット接続がOKとなります。

インターネットのプロバイダーが「IPv6」に対応していないとどうにもなりません。プロバイダーによって「IPv6」の対応が違いことに注意してください。

パソコンを使う女性

プロバイダーのplalaの場合ですとデフォルトでplalaに申し込んであって、無線ルーターが「IPv6」に対応していると、簡単に接続設定が完了します。一番よい方法は、plalaでは推奨する無償の「IPv6」が使える無線ルーターをレンタルすることです。

プロバイダーの朝日ネットの場合は、IPv6を使うには事前に申し込みが必要です。

プロバイダーのOCNの場合、対象プランの標準機能として、「IPv6」を用いたインターネット接続環境を提供しているので、申し込みも設定も不要です。「IPv6」対応ルーターに接続するだけで、リモートワーク中のオンライン会議も、高画質の動画再生も快適な環境で接続できます。

一番簡単なのはプロバイダーのソフトバンク光で、ソフトバンク専用の光BBユニットをレンタルすることです。これは専用の接続端末なのですが、NTTのONUの後に接続するだけで、設定も不必要で「IPv6」もインターネット接続設定も完了します。もちろん無線LANルーターを購入しなくても無線LANが使えます。

このように「IPv6」が普及することによって、インターネット接続設定はとても簡単になるわけです。

Follow me!

ITサポート@オホーツク主宰者:プロフィール

佐々木 夏実
佐々木 夏実代表
東京に26年、横浜に20年在住し、北海道に移住して17年になります。前の仕事は主に社会科地理の教員として、子どもの目線を大事にした教育を私立中学・国立の盲学校で行ってきました。46歳の時に横浜から北海道に移住し、ITサポート@オホーツクを主宰し、Web制作とパソコン・インターネットの訪問出張サポートを行っています。また「いいたび@オホーツク」というサイトを立ち上げて、北海道・オホーツクの旅ガイド・自然ガイドもやっています。このサイトではネットで情報を集めた新品・中古パソコン・パソコン周辺機器等も紹介しています。1958年9月8日生まれ:64歳
natsumi
  • natsumi
  • 東京に26年、横浜に20年在住し、北海道に移住して17年になります。前の仕事は主に社会科地理の教員として、子どもの目線を大事にした教育を私立中学・国立の盲学校で行ってきました。46歳の時に横浜から北海道に移住し、ITサポート@オホーツクを主宰し、Web制作とパソコン・インターネットの訪問出張サポートを行っています。また「いいたび@オホーツク」というサイトを立ち上げて、北海道・オホーツクの旅ガイド・自然ガイドもやっています。このサイトではネットで情報を集めた新品・中古パソコン・パソコン周辺機器等も紹介しています。1958年9月8日生まれ:64歳

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。