私の住んでいる町 北海道・小清水町・浜小清水を歩く(6) フレトイ展望台

第6回目の投稿は、浜小清水のフレトイ展望台です。

国道244号線を網走方面から浜小清水に入ってくると白いピラミッドの建物が目に付きます。それがフレトイ展望台です。

そのフレトイ展望台を今回は展望台には登らず、遠景で展望台を撮影しました。

かなり遠くからフレトイ展望台を眺めているというスタンスでの撮影
かなり遠くからフレトイ展望台を眺めているというスタンスでの撮影
JR釧網線の踏切とその奥の小高い丘に位置するフレトイ展望台
JR釧網線の踏切とその奥の小高い丘に位置するフレトイ展望台
前浜キャンプ場の管理人室からのフレトイ展望台を見上げて
前浜キャンプ場の管理人室からのフレトイ展望台を見上げて
  • 1枚目の写真は、かなり遠くからフレトイ展望台を眺めているというスタンスでの撮影です。
  • 2枚目の写真は、フレトイ展望台に行くにはこの踏切を渡らなければいけないというスタンスでJR釧網線の踏切を撮影して、そこにフレトイ展望台があるという写真です。
  • 3枚目は前浜キャンプ場の管理人室からのフレトイ展望台を見上げての撮影です。

場所によってフレトイ展望台の感じも違ってきます。

フレトイ展望台は、道の駅はなやか小清水から歩いて10分ぐらいでいける無料の展望台です。そこには浜小清水前浜キャンプ場に隣接しています。小高い丘の上に展望台です、フレトイ展望台のフレトイとはアイヌ語が起源としていて、「丘が切れているところ」という意味だそうです。フレトイ展望台はたしかに砂丘の終わりに位置しています。

登ってみるとわかりますが、ピラミット型の展望台からは雄大なオホーツク海と知床連山を眺めることができます。

2~3月の冬季の流氷をみるには格別の場所 白い流氷は絶景そのもの

冬季のフレトイ展望台
冬季のフレトイ展望台
2~3月の流氷の時期にフレトイ展望台から見える光景
2~3月の流氷の時期にフレトイ展望台から見える光景

特に2~3月の流氷の時期には、海が真っ白な流氷に覆われて、それはそれは雄大というか神秘の世界になります。これこそ絶景といえる景観をみることができます。

でもなぜここにピラニッド型の建物があるのかという点については、調べましたがまったくわかりませんでした。それこそ神秘のせかいなのかもしれません。

Follow me!

ITサポート@オホーツク主宰者:プロフィール

佐々木 夏実
佐々木 夏実代表
東京に26年、横浜に20年在住し、北海道に移住して17年になります。前の仕事は主に社会科地理の教員として、子どもの目線を大事にした教育を私立中学・国立の盲学校で行ってきました。46歳の時に横浜から北海道に移住し、ITサポート@オホーツクを主宰し、Web制作とパソコン・インターネットの訪問出張サポートを行っています。また「いいたび@オホーツク」というサイトを立ち上げて、北海道・オホーツクの旅ガイド・自然ガイドもやっています。このサイトではネットで情報を集めた新品・中古パソコン・パソコン周辺機器等も紹介しています。1958年9月8日生まれ:63歳