私の住んでいる町 北海道・小清水町・浜小清水を歩く(8) フレトイ海岸

第8回目の投稿は、浜小清水のフレトイ展望台の眼下に広がるフレトイ海岸です。

フレトイ海岸から見える知床連山

フレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

フレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

フレトイ海岸から見える知床連山

フレトイ海岸から見える能取岬

フレトイ海岸から見える能取岬

フレトイ展望台の眼下に広がるのがフレトイ海岸です。春~冬の初旬にここに出かけると普段は穏やかなオホーツク海が広がっています。
海を眺めていると心が落ち着くときが多いので、ここは意外と好きな場所です。正面は海だらけで他には何もないのですが、この先にはカラフトがあるのかと思うと感無量です。

左には知床連山、右には能取岬が見えます。オホーツク海の全域が見えるスポットにもなっていますが、ここは意外と多くの人に知られていません。浜小清水の駅からは丘があって全く見えないことも影響しているかも知れません。

月下旬から、遅くとも2月の前半になるとこのフレトイ海岸の眺めは一変 流氷がやってきます!

流氷期のフレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

流氷期のフレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

流氷期のフレトイ海岸から見える知床連山

流氷期のフレトイ海岸から見える知床連山

流氷期のフレトイ海岸から見える能取岬

流氷期のフレトイ海岸から見える能取岬

早いときだと1月下旬から、遅くとも2月の前半になるとこのフレトイ海岸の眺めは一変します。カラフトに近いアムール川から流れ出した流氷がここに到達するからです。

流氷が岸に到達することを接岸といいます。ただし、流氷は海に漂っているので、その場にとどまっていることはありません、海の流れや風の影響で、あっという間に沖に戻ってしまうこともしばしばです、さっきここに流氷がいたかとおもうと短時間で流氷がなくなってしまうこともあります。これは地元も人間でも予測が付きにくく、流氷を見に来た人を案内してもまったく流氷がなかったこともあります。

この海岸では流氷に近づくことはできても、流氷にのることは禁止されています。遠浅の海で砂地に流氷が乗りあげているところもありますが、危険なので流氷には乗らないでください。

いずれにしてもこの流氷が接岸している時期はこの海岸にとって、とっても素晴らしい季節です。ぜひこの季節にオホーツクの流氷接岸を堪能してください。

Follow me!

ITサポート@オホーツク主宰者:プロフィール

佐々木 夏実
佐々木 夏実代表
東京に26年、横浜に20年在住し、北海道に移住して17年になります。前の仕事は主に社会科地理の教員として、子どもの目線を大事にした教育を私立中学・国立の盲学校で行ってきました。46歳の時に横浜から北海道に移住し、ITサポート@オホーツクを主宰し、Web制作とパソコン・インターネットの訪問出張サポートを行っています。また「いいたび@オホーツク」というサイトを立ち上げて、北海道・オホーツクの旅ガイド・自然ガイドもやっています。このサイトではネットで情報を集めた新品・中古パソコン・パソコン周辺機器等も紹介しています。1958年9月8日生まれ:63歳