流氷期のフレトイ海岸から見える知床連山

私の住んでいる町 北海道・小清水町・浜小清水を歩く(8) フレトイ海岸

第8回目の投稿は、浜小清水のフレトイ展望台の眼下に広がるフレトイ海岸です。

フレトイ海岸から見える知床連山

フレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

フレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

フレトイ海岸から見える知床連山

フレトイ海岸から見える能取岬

フレトイ海岸から見える能取岬

フレトイ展望台の眼下に広がるのがフレトイ海岸です。春~冬の初旬にここに出かけると普段は穏やかなオホーツク海が広がっています。
海を眺めていると心が落ち着くときが多いので、ここは意外と好きな場所です。正面は海だらけで他には何もないのですが、この先にはカラフトがあるのかと思うと感無量です。

左には知床連山、右には能取岬が見えます。オホーツク海の全域が見えるスポットにもなっていますが、ここは意外と多くの人に知られていません。浜小清水の駅からは丘があって全く見えないことも影響しているかも知れません。

月下旬から、遅くとも2月の前半になるとこのフレトイ海岸の眺めは一変 流氷がやってきます!

流氷期のフレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

流氷期のフレトイ海岸の正面、はるか沖にはカラフト(見えません)

流氷期のフレトイ海岸から見える知床連山

流氷期のフレトイ海岸から見える知床連山

流氷期のフレトイ海岸から見える能取岬

流氷期のフレトイ海岸から見える能取岬

早いときだと1月下旬から、遅くとも2月の前半になるとこのフレトイ海岸の眺めは一変します。カラフトに近いアムール川から流れ出した流氷がここに到達するからです。

流氷が岸に到達することを接岸といいます。ただし、流氷は海に漂っているので、その場にとどまっていることはありません、海の流れや風の影響で、あっという間に沖に戻ってしまうこともしばしばです、さっきここに流氷がいたかとおもうと短時間で流氷がなくなってしまうこともあります。これは地元も人間でも予測が付きにくく、流氷を見に来た人を案内してもまったく流氷がなかったこともあります。

この海岸では流氷に近づくことはできても、流氷にのることは禁止されています。遠浅の海で砂地に流氷が乗りあげているところもありますが、危険なので流氷には乗らないでください。

いずれにしてもこの流氷が接岸している時期はこの海岸にとって、とっても素晴らしい季節です。ぜひこの季節にオホーツクの流氷接岸を堪能してください。

前浜キャンプ場の管理人室からのフレトイ展望台を見上げて

私の住んでいる町 北海道・小清水町・浜小清水を歩く(6) フレトイ展望台

第6回目の投稿は、浜小清水のフレトイ展望台です。

国道244号線を網走方面から浜小清水に入ってくると白いピラミッドの建物が目に付きます。それがフレトイ展望台です。

そのフレトイ展望台を今回は展望台には登らず、遠景で展望台を撮影しました。

かなり遠くからフレトイ展望台を眺めているというスタンスでの撮影
かなり遠くからフレトイ展望台を眺めているというスタンスでの撮影
JR釧網線の踏切とその奥の小高い丘に位置するフレトイ展望台
JR釧網線の踏切とその奥の小高い丘に位置するフレトイ展望台
前浜キャンプ場の管理人室からのフレトイ展望台を見上げて
前浜キャンプ場の管理人室からのフレトイ展望台を見上げて
  • 1枚目の写真は、かなり遠くからフレトイ展望台を眺めているというスタンスでの撮影です。
  • 2枚目の写真は、フレトイ展望台に行くにはこの踏切を渡らなければいけないというスタンスでJR釧網線の踏切を撮影して、そこにフレトイ展望台があるという写真です。
  • 3枚目は前浜キャンプ場の管理人室からのフレトイ展望台を見上げての撮影です。

場所によってフレトイ展望台の感じも違ってきます。

フレトイ展望台は、道の駅はなやか小清水から歩いて10分ぐらいでいける無料の展望台です。そこには浜小清水前浜キャンプ場に隣接しています。小高い丘の上に展望台です、フレトイ展望台のフレトイとはアイヌ語が起源としていて、「丘が切れているところ」という意味だそうです。フレトイ展望台はたしかに砂丘の終わりに位置しています。

登ってみるとわかりますが、ピラミット型の展望台からは雄大なオホーツク海と知床連山を眺めることができます。

2~3月の冬季の流氷をみるには格別の場所 白い流氷は絶景そのもの

冬季のフレトイ展望台
冬季のフレトイ展望台
2~3月の流氷の時期にフレトイ展望台から見える光景
2~3月の流氷の時期にフレトイ展望台から見える光景

特に2~3月の流氷の時期には、海が真っ白な流氷に覆われて、それはそれは雄大というか神秘の世界になります。これこそ絶景といえる景観をみることができます。

でもなぜここにピラニッド型の建物があるのかという点については、調べましたがまったくわかりませんでした。それこそ神秘のせかいなのかもしれません。

PAGE TOP