9月6日の強風はすごかった!我が家の菜園は大被害!

倒れたトウモロコシと崩壊したビニールハウス
崩壊したビールハウス
崩壊したビールハウス
強風で倒れたトウモロコシ
強風で倒れたトウモロコシ

9月6日の夜半から続いた強風はすごかった!ゴーゴーという風が寝ている脇で妻もかなり心配していました。

朝飽きて見てその感はしっかりあたりました!ビニールハウスの支柱があちこち折れて、ビニールもほとんどかかっていない状態でした。これではビニールハウスは使うえない状態です。

トウモロコシもほとんど倒れていて、修復しないといけない状態になりまました。

まあ、このような状態になるのは覚悟していましたが・・・。ビニールハウスは使えない状態なので、撤去する必要があります。トウモロコシも一本一本立ち直らせなければなりません。

修復には妻が休みなので、2人で1日かかりました。ビニールハウスは、撤去したままにして、来年考えることにしました。作物達はかろうじて、しっかり生きていたのがかろうじての幸いかな・・・・でも、ちょっとした災難のです。

修復後の菜園の様子は、次回にします。

お客様の会社の商品(貝化石・シェルスター21)を家庭菜園のアスパラに施肥しました。

お客様の会社に伺った時に分けていただいた「貝化石・シェルスター21」をアスパラに施肥しました。

お客様の会社に伺った時に分けていただいた「貝化石・シェルスター21」をアスパラに施肥しました。

アスパラに施肥しているところ

僕のアスパラ栽培の先生である友人がこの時期には、貝を使った肥料を散布すると翌年良い結果がでるという話をされていました。

その話を聞いて、肥料を売っているショップなどを見て回ったのですが、該当する商品がありません。

そうした時に、僕が懇意にしているお客様のところで貝化石を使った肥料を販売していることを知って、早速伺って分けていただきました。

貝化石・シェルスター21

販売している「貝化石・シェルスター21」は、「この『シェルスター21』は作物に目で見る成果としてはすぐに現れるものではありませんが、数年後の土壌、作物の違いを感じることができるはずです。特に、現在は 『自然農法』 いわゆる 「昔ながらの農法」 が大変注目されています。当鉱山から産出された約530万年前の貝化石には、カルシウム、リン、ナトリウム、カリウムをはじめ、多くのミネラルがあり、それを含んでいる環境にやさしい土壌改良剤が 『シェルスター21』 です。」とのことです。

すぐには効果が表れるかはわかりませんが、ためしにこの「貝化石・シェルスター21」を使ってみようと思ったわけです。

この貝化石は、水の浄化にもかなりの効果があるようです。会社の社長さんがデモをしてくれましたが、汚い水がみるみるうちに浄化されていくことがわかりました。

社長さんが浄化の実験をされているところ

「貝化石・シェルスター21」は、貝化石の北海道シエル工業株式会社のホームページで販売されています。

貝化石 オンラインショップ

2022年7月18日記

我が家の家庭菜園の様子 これで終わりとまだこれからだな・・・の話

とうもろこしを蒔前の草取りをした路地の畑

北海道・オホーツク・小清水町での2005年に横浜から移住してからの家庭菜園の話です。

横浜で団地の片隅に作った家庭菜園(2001年)

横浜で団地の片隅に作った家庭菜園(2001年)

横浜で団地の片隅に作った家庭菜園での子どもたち(2001年)

横浜で団地の片隅に作った家庭菜園での子どもたち(2001年)

家庭菜園は横浜に在住していた頃からずっとやっています。横浜に住んでいたときは、仲間と70km離れた津久井町というとこに農家から畑を借りて、約1反の菜園を耕作していました。そこが借りていた農家の都合で借りられなくなってからは、住んでいた団地の片隅で小規模ですが家庭菜園をやっていました。

北海道に移住してからは、家の前にある庭が家庭菜園となりました。それほど広い家庭菜園ではありませんが、家族2人だとちょうどよい規模です。

小さな家庭菜園に建てた小さなビニールハウスと僕

小さな家庭菜園に建てた小さなビニールハウスと僕

今住んでいる地域は、風が強く、様々な作物を育てるには、かなり厳しい環境にあります。またこのところ、苗を育てようとする6月に低音が続いているので、温度を維持したいがために、昨年から小さいビニールハウスを建てています。しかし、このビニールハウスも強風で飛んだり、穴が空いたりして、維持するのは大変です。

アスパラの収穫をしている妻

アスパラの収穫をしている妻

それも今年は、春先から今頃まで収穫できるアスパラが大収穫で、いつもだったら、途中で売っているアスパラを買うのですが、今年はアスパラを買うことなく、まさに自前でアスパラを堪能することができました。しかも今年は、昨年からアスパラ作りの大先生の指導を受けて、肥料や石灰の散布の指示を徹底した結果、以前より太いアスパラがとれるようになりました。でももうそろそろそのアスパラの収穫も終わりを告げようとしています。

ビールハウスで栽培している2回目のキュウリ

ビールハウスで栽培している2回目のキュウリ

ビニールハウスで栽培しているものは、トマト・茄子・ピーマン・ししとう・キュウリなどですが、当初、ビニールハウスの天幕をかけていなかたのと、強風、低温で、トマト以外の苗は2回目の栽培となりました。それでも現在は、2回目のものを含めて、すくすく育っています。

路地の畑ではほとんど芽が出ていません。大豆ときぬさやがちょっとだけ芽を出しています。

路地の畑ではほとんど芽が出ていません。大豆ときぬさやがちょっとだけ芽を出しています。

ビーニルハウスでのとうもろこしの苗づくり

ビーニルハウスでのとうもろこしの苗づくり

路地の畑の方は、とうもろこし、大豆、きぬさやエンドウを蒔いていますが、こちらのほとんど芽が出ていません。芽が出たところもほんのちょっとで、とうもろこしはハウスで苗作りをし、また大豆などは、種をまきなおしました。どうも今年はうまくいきません。
それでもとうもろこしはやっと芽が出てきて、すこし大きくなりました。来週には定植ができるかもしれません。

家庭菜園の片隅で育っているブルーベリー

家庭菜園の片隅で育っているブルーベリー

大事な我が家の家庭菜園、横浜に住んでいた時からずっと続けている我が家のライフスタイルです。これからも頑張って耕作していきたいと思います。

2022年7月6日記

ITサポート@オホーツクのサイトに「佐々木夏実の趣味の部屋」ができました。

ギターの話題の他、写真撮影、今は乗っていませんがバイク、車でのドライブ、オーディオ、家庭茶園などなど・・・。その中でもいくつかの話題をこのサイトで書いていきたいと思います。

「佐々木夏実の趣味の部屋」のページができました。

Ibanez Pat Metheny Signatures Series PM200-NT

ITサポート@オホーツクのサイトに「佐々木夏実の趣味の部屋」として、僕の防備録を兼ねて、新しいページを起こしました。

僕の趣味は実は多彩だったりします。ギターの話題の他、写真撮影、今は乗っていませんがバイク、車でのドライブ、オーディオ、家庭茶園などなど・・・。その中でもいくつかの話題をこのサイトで書いていきたいと思います。

良かったら、こちらのページも見てください。

佐々木夏実の趣味の部屋」のサイト

PAGE TOP