秀峰庵の前に立つ妻

■北海道・清里町 「秀峰庵」おそば 玄蕎麦を石臼挽きし、心を込めて打ってます。

■いいたび@オホーツクのガイドの僕のおすすめの場所「秀峰庵」です。ぜひ参考にしてください!

北海道・清里町 「秀峰庵」

北海道・清里町 「秀峰庵」

◎秀峰庵は北海道・清里町の中心部から車で5分程度離れた場所にあります。

道道1115線を札弦・川湯方面に3.5km行って、「秀峰庵ののぼり旗」を目印に右折して、JR釧網本線の踏切をこえるとそこに秀峰庵があります。

入口の暖簾をくぐると元気な「いらっしゃいませ」の声を始まりにしてまさに秀峰庵の事始めです。メニューをじっくり見て、食べるお品を決めます。お品が決まったら、券売機でチケットを購入します。僕は、前のオーナーの秀峰庵に何度も出入りしていて、その頃から「カレー南蛮そば」が好きだったので、それを!相方(妻)は、本日から新しいメニューに加わったという「温玉とろろそば」のチケットを買いました。

チケットを渡し、「カレー南蛮そばは、前のオーナーからのお気に入りなんです。」というと「前のオーナーと同じ味がだせるかどうか」という現オーナーの控えめなお言葉・・・。

しばらく待つと、秀峰庵のカレー南蛮そばと温玉とろろそばが運ばれてきました。僕は、運ばれたきたものを写真に撮影しようとしましたが、うまく撮影できません。このときとばかり接写レンズをだして、装着して撮影できました。そばのふんわりとした感じをうまく表現したかったのです。

カレー南蛮そば

カレー南蛮そば

カレー南蛮そばを接写レンズで撮影した画像

カレー南蛮そばを接写レンズで撮影した画像

カレー南蛮そばを接写レンズで撮影した画像

写真はそばがのびてしまうとそれこそ問題なので、それくらいにしてと思ったのですが、オーナーがいらしたのでオーナーの写真を撮らせていただきました。

今のオーナーの森野さん

今のオーナーの森野さん

今のオーナーの森野さんは、前のオーナーが店をコロナの影響で閉店した後、今年の3月に2代目として開店しました。その経緯は、新聞記事<道新(どうしん 電子版)2022年8月4日 木曜日の記事>を読んでいただきたいと思いますが、を読んでいただきたいと思いますが、「清里町農協でそば生産者組合の担当だった森野さんと、そば農家だった勝又さんは同好会の発起人で、そば打ち歴は20年以上。森野さんは『そば打ちは長年の経験があるが、店を開けるからには調理の腕も上げていきたい』と、勝又さんのアドバイスを受けながら、にしんそばやカレー鴨南などの調理にも力を入れている。」とのことです。その温厚で、蕎麦を打つという気持ちはそのお顔だちから十分に伝わってきたと思います。

秀峰庵の蕎麦は、「JA清里町産の牡丹蕎麦を主に、JA摩周湖産のキタワセ蕎麦を加え、色合いや風味を強めるために、オリジナルでブレンドした、石臼挽き自家製粉の「秀峰そば」です。使用する水は、全て敷地内地下70mから汲み上げた、斜里岳摩周湖伏流水の地下水を使用しております。挽きたて、打ちたて、茹でたての風味豊かな「秀峰そば」を、風光明媚な秀峰斜里岳を眺めながら、是非ご賞味ください。」と秀峰庵のホームページにはありました。それだけこだわりのある蕎麦であることがよくわかります。

さて、カレー南蛮そばのおつゆを一口そっと飲みました。「あーこれだ!秀峰庵の味だ!」というとオーナーの森野さんは安心した顔つきで厨房に下がれていきました。妻の食べた「温玉とろろそば」も絶品だったそうで!おいしそうに食べていた笑顔は忘れられません。僕はカレー南蛮が美味しくて、美味しくて、あっという間に完食していました!おつゆも蕎麦も最高でした!

秀峰庵の前に広がるじゃがいも畑とオホーツクブルーらしい青空

秀峰庵の前に広がるじゃがいも畑とオホーツクブルーらしい青空

■秀峰庵(秀峰庵のホームページから転載と付け加え)

  • 住所:〒099-4522 北海道斜里郡清里町神威414-6
  • 営業時間:午前11時~午後2時(一日約30食限定、無くなり次第終了いたします)
  • 定休日:日曜日・月曜日・火曜日
  • お電話:090-3770-5950
  • ・ホームページ:https://www.syuhouan.com/
  • Email: info @ syuhouan.com ※ロボットスパム対策のために@の前後にスペースを空けてあります。スペースを詰めてメールいただけますようお願いいたします。
  • 地図:Google マップ (清里町 秀峰庵 で検索できます。)

北海道・ウトロのGVOで、生ウニ丼をじっくり堪能しました!

北海道・ウトロのGVOで、生ウニ丼をじっくり堪能しました!

2022年7月31日、ウニ漁師がマスターの北海道はウトロのお洒落なCafe Bar GVOで生ウニ丼を堪能していきました。

北海道・ウトロのGVOで、生ウニ丼をじっくり堪能しました!(生ウニ丼に感動している妻)
北海道・ウトロのGVOで、生ウニ丼をじっくり堪能しました!
北海道・ウトロのGVOで、生ウニ丼をじっくり堪能しました!

昼の12時頃、GVOのマスターの相原さんに電話をして、2名の予約をしました。予約をしておいたのは正解でした。

僕たちが到着したときは、すでにCloseになっていて、僕たちが最後のお客さんになりました。それだけ人気の高いGVOの生ウニ丼です

。去年訪ねたのが、時が経つのが早く、1年というのが本当に短く感じます。今年も生ウニ丼、そして相原さんに会えて良かったとおもいます。

期待の生ウニ丼は、ほんとうに言葉では言い表せない絶品です。一度食べたら、来年もこの感動を味わおうという気持ちになります。

相原さん今年も生ウニ丼を本当にありがとう、来年も必ず、妻といっしょに食べに来ます。

  • GVO:今の時期は臨時営業、9月より3月まで営業(4月~8月まではウニ漁のため)
  • 住所:〒099-4354 北海道斜里郡斜里町ウトロ西91−5
  • Tel:0152-24-3040
レストラン「パイプのけむり」の看板

中標津でのお昼は「パイプのけむり」で!(2022年7月2日のこと)

僕が中標津に来たら、立ち寄るのがレストランの「パイプのけむり」です!

レストラン「パイプのけむり」中標津
レストラン「パイプのけむり」中標津

このレストランは過去に、IT出張訪問サポートでお伺いしたことのあるお客様のお店です。今回は訪問当時のスタッフの方々は、残念ながらいらっしゃいませんでした。

この日の中標津のIT出張訪問サポートが終わったらお昼にはいい時間でした。中標津に来たらだいたい寄るのが「パイプのけむり」です。このお店はレストランで「さがりにお肉の料理」が売りのお店で、僕も何回かさがりのお肉をいただきました、とてもやわらかく味も抜群です。

パイプのけむりのカレーライス
パイプのけむりのカレーライス

今回は、カレーライスをいただきました。お肉がこれもやわらかく絶品でした。ぜひ、多くの方にさがりのお肉共々いただいて欲しいです。

【パイプのけむり】

「素材にこだわったシェフが作る料理が魅力。一番人気はサガリのステーキ。肉本来の旨味や肉汁がたっぷりのシェフこだわりの逸品。」

  • 所在地・住所 北海道標津郡中標津町緑町北3丁目2-1
  • 場所の説明 国道272号線(釧標国道)沿い、中標津の町なから釧路に向かう国道272号線で釧路と計根別方面の分岐の手間の右側に「パイプのけむり」という大きな看板が目印。
  • 電話番号 0153-72-4443
  • 営業時間 9:00 – 21:00
PAGE TOP