◎僕の北海道へ移住も19年がたちます!佐々木夏実の東京・横浜からの移住前史

■北海道・オホーツク・小清水町に移住するまでの僕の生い立ち

僕が北海道・オホーツク・小清水町に移住したのが2005年4月25日、そして、今は2024年4月13日ですから。19年が経とうとしています。

●小学校は地元の中里小学校(世田谷区)

小学校の林間学校・日光

僕は東京都の世田谷区三軒茶屋に生まれました。基本的には母子家庭で、母に育てられました。小学校は地元の中里小学校に行きました。

●中学・高校は東京大学付属中学・高校(中野区)

東京大学付属中学の入学式

中学・高校は三軒茶屋から世田谷線に乗って、下高井戸を経由して、京王線で幡ヶ谷までいって、そこから徒歩で東京大学附属に6年間通いました。学校は中野区にありました。

この時期は大変楽しい学校生活を送り、バンド活動もやっていました。このころはベースを弾いていました!

●大学は東京都の郊外の町田市の私立・和光大学

今の昔もあまり変わらない大学の構内の様子

大学は和光大学でしたが、三軒茶屋からバスで下北沢に出て、下北沢から鶴川まで小田急線にのって、そこからは徒歩で大学まで行きました。

いろいろありましたがいろろな出会いもあって4年間を過ごしました!

学科は人間関係学科でしたが、主に社会科教育を専攻にしていました。

子どもたちのかかわりをしたいという思いで、町田で子どもたちを育てる「少年団」の活動に指導員としてかかわりました。

●大学を卒業してからの最初の職場は私立森村学園中等部

現在の森村学園中等部

最初の職場(社会科教員)は、田園都市線のつくし野の森村学園中等部で、三軒茶屋から新玉川線がそのまま田園都市線になって、つくし野までいきした。

社会科といっても基本的に僕は地理を担当しました!

結局、三軒茶屋には26年間住みました。ここが人生の中で一番長い時間を過ごした場所になります。(住んでいた場所に10年ぐらい前にいってみましたが、母親が残した銀杏の木だけが残っていただけでした。去年訪問したらなくなっていました。)

その時点で引越をして、横浜市緑区(当時)、今は青葉区の長津田に住みました。長津田からは、最初は徒歩で通いましたが、途中からはバイクになったと思います。住んでいた場所は駅からちょっと離れた田園地帯で田んぼが広がっていました。森村学園には、5年間勤務しました。

同時にこの頃(1983年3月30日)結婚をしました。

結婚式の披露宴

●2番目の職場は東京の筑波大学附属盲学校

僕が在任していたころの筑波大学附属盲学校(2003年)

その後、筑波大学附属盲学校に職場が変わりました。現在の学校の名前は。「国立大学法人 筑波大学附属視覚特別支援学校)」と変わっています。ここでも社会科の教員をやりました。この職場は、池袋に近い護国寺というところにありました。しばらく長津田から田園都市線・新玉川線・半蔵門線というルートで通いました。

ここにに移ってからしばらくして。横浜市港南区日野の野庭公務員住宅に移りました。

公務員住宅にて仲間と・・・。

ここからは徒歩で横浜市営地下鉄の上永谷駅まで徒歩で歩いて、横浜市営地下鉄で戸塚まで出ました。

そこからは東海道線(時々、横須賀線)で新橋までいき、新橋から山手線で1駅、有楽町まで行って、そこから営団地下鉄の半蔵門線で、護国寺までいきました。結構長い行程で、2時間以上はかかりました。遠路はるばる70km離れた津久井町に1反の農場を借りていたのもこのころです。ここへ通うのに3時間ぐらいかかったこともありました!

津久井の農場にて、仲間と!

●3番目の職場はピアサポートと障がい者ITのNPO、ITサポートの自営業等

ピアサポートで開催した北海道の農家との交流「北の大地 お台所フェアー」

筑波大学附属盲学校を退職してからは、家族は一足先に北海道・オホーツク・小清水町に移住して行きました。

僕は、一人横浜に残りましたが、公務員住宅にはそのまま住めないので、中区の中村町に引越しました。そこで1年間、ピアサポートという障がい者を支援する会社は障がい者ITのNPOやITサポートの自営業といろいろなことをやりました。面白いところでは、仲がよくなったフィリピン人といっしぃにパブ・レストランもやりました。

そうこうしているうちに、やはり家族といっしょに住みたいと言う気持ちが高まり、北海道・オホーツク・小清水町に移住することを決めました。

オホーツクへの引越にあたり、送れるものは宅配便を使い、後の大きなものは、僕が運転するワゴン車で運びました。

●2005年4月25日。佐々木夏実は北海道・オホーツク・小清水町に移住しました。


移住したころの我が家

2005年4月25日、僕の移住のスタートとなる日でした。その後のことについては、総括的においおい書いていきます。

北海道・オホーツク・小清水町に昨日降った雪は消えていきます!

■雪はどんどん消えました!昨日の雪は何だったのだろうという具合に!2024年4月10日

●北海道・オホーツク・小清水町に昨日降った雪は消えていきます!

北海道・オホーツク・小清水町に昨日降った雪は消えていきます!

北海道・オホーツク・小清水町に昨日降った雪は消えていきます!

北海道・オホーツク・小清水町に昨日降った雪は消えていきます!

道端に少し雪が残っていますが、雪はあらかた消えてしまった感じです!庭にはまだ残っていますが・・・。

それでも春なんですね!雪解けが早い!のなんのって!

4月に雪!

■4月に雪!昨日はこのあたりで20度を超えていたのに!2024年4月9日

●北海道・オホーツク・小清水町に移住してきて、4月に雪というのは何度か経験しています。

4月に雪!

4月に雪!

4月に雪!

僕が移住してきた2005年も4月に大雪があったと記憶しています。

移住してくるのに借りたレンタカーがノーマルタイヤで大丈夫ということで心配されていました。雪解けが予想以上に早く問題はなかったわけですが・・・。

過去の一番の思い出は、今から10年以上の前のことです。

家から1時間ちょっとの距離にある中標津にPCの訪問出張サポートに出かけて、急に雪が激しくなり、国道が通行止めになって、帰れなくなり、その地域の施設に一泊したという記憶です!何とその事実は新聞にも載ってしまったという・・・。

でも、今回の雪もけっこう激しいものがあります。昨日までは雪のかけらも消えていたのに、場所によっては昨日は20度をこえていたというような話もあります。

そして!気が付くと!見る見るうちに一面銀世界になりました!

北海道はすごいなぁとやっぱり思います!これは貴重な経験だと思っています!

2024年3月の終わりの暴風の被害(囲い)と修復

■2024年3月の終わりの暴風の被害(囲い)と修復

●我が家のある北海道斜里郡小清水町浜小清水は、海に近いせいか風がとても強く、風が強い日は暴風になることが多いです。

2024年3月の終わりの暴風の被害(囲い)と修復

2024年3月の終わりの暴風の被害(囲い)と修復

強風の被害、囲いが崩壊しました!

3月の終わりもすごく風が吹き、一時は暴風になりました。その結果、家庭菜園から風害を守るために網を張って、風を防いでいるのですが、あまりの風の強さにその網の囲いが壊れてしまいました。

2024年3月の終わりの暴風の被害(囲い)と修復

2024年3月の終わりの暴風の被害(囲い)と修復

修復した囲い

囲いを直すには、二人以上のいないとならないで妻の休みの日を待ちましたが、その待望の休みの日には何と雪が降って、作業を断念せざるを得ず、昨日ようやく修復することができました。作業をするにあたっては、やはり妻の力があってこそでした!

芽が出たブルーベリー

芽が出たブルーベリー

作業のおわりにちょっとブルーベリーの様子を確認したところ、ちゃんと芽が出てきていました。

昨年はなぜか実を付けなかったので、しっかり剪定をしたので、今年は期待しています。

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 いよいよ海明け!2024年4月1日

■北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 いよいよ海明け!2024年4月1日

●今回は本当に「海明け」です。流氷は沖に数か所ある程度で、ほとんど海です!

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 いよいよ海明け!2024年4月1日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 いよいよ海明け!2024年4月1日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 いよいよ海明け!2024年4月1日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 いよいよ海明け!2024年4月1日

遠くに流氷帯も見えません!

今年は本当に長いこと流氷に楽しませてもらったという感じです!

いよいよお別れの日が来たという感じです!

流氷さん!ありがとうございます!と感謝を述べたいと思います!

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 流氷は沖へ!2024年3月28日

■北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 流氷は沖へ!2024年3月28日

▶ 流氷は岸を離れ、沖へ行ってしまったようです!

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 流氷は沖へ!2024年3月28日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 流氷は沖へ!2024年3月28日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 流氷は沖へ!2024年3月28日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 流氷は沖へ!2024年3月28日

だだしこの景観もなかなかいいものです!流氷が浮いていることがよくわかります!

また今日は知床連山などがよく見えました!

今度こそ本当に海明けかもしれません!

北海道 浜小清水 3月の後半で大接岸!2024年3月22日

■北海道 浜小清水 3月の後半で大接岸!2024年3月22日【動画あり!】

▶ 時は3月も後半になりすが、流氷は大接岸しています!

北海道 浜小清水 3月の後半で大接岸!2024年3月22日

北海道 浜小清水 3月の後半で大接岸!2024年3月22日

北海道 浜小清水 3月の後半で大接岸!2024年3月22日

北海道 浜小清水 3月の後半で大接岸!2024年3月22日

2024年3月22日の流氷

北海道 浜小清水 3月の後半で大接岸!2024年3月22日

フレトイ海岸の入口(眼下に流氷が見えます。)

フレトイ展望台

フレトイ海岸にそびえるフレトイ展望台

・この時期に流氷の大接岸がこの目で確かめられるのはラッキーとしかいいようがありません!

・今日も楽しい流氷との時間を迎えられることは素晴らしいことだと思います。

・ちょっと指が画面に入ってしまいましたが、そこは勘弁してください!

夫婦での流氷をバックにツーショット

「夫婦での流氷をバックにツーショット」

●写真・動画 撮影地:北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸

【動画】

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月19日

■北海道 オホーツク 浜小清水 またまた戻ってきた流氷!2024年3月19日

流氷は沖へ行っては、戻ってきたりですが、今日も全面接岸の様相となりました!

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月19日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月19日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月19日

まだまだ流氷シーズンは終わっていないのだと実感しました!それにしてもこの全面接岸は素晴らしいです!

写真・動画 撮影地:北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸

【動画】

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月16日

■北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷【動画】2024年3月16日

もう海明けかと思っていたのですが、結局流氷はしっかり戻ってきて、全面接岸の様相を呈していました!

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月16日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月16日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月16日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月16日

北海道 オホーツク 浜小清水 フレトイ海岸 戻ってきた流氷 2024年3月16日

朝方、FaceBookの友人である「網走自然ガイド&旅人の宿わしのとまり木」さんのサイトで「流氷戻って来ました!」という告知があったので、北浜の隣町である浜小清水も流氷が戻っているだろうと思って浜小清水のフレトイ海岸に行ってみるとびっちり来ていました!

3月の半ばで流氷に遭遇したことは何度もありますが、やはりこうして流氷を目の当たりにしてみると感動も大きいものがあります。

流氷よ、お帰り!!!

【動画】

北海道 オホーツク 浜小清水 道の駅 改装オープンした新店舗に行ってきました!

■北海道 オホーツク 浜小清水 道の駅 改装オープンした新店舗に行ってきました!

2024年3月1日に長いこと改装していた浜小清水の道の駅「葉菜野花(はなやか)」に行ってきました。

北海道 オホーツク 浜小清水 道の駅 改装オープンした新店舗に行ってきました!
店舗はぐっと広くなった浜小清水の道の駅「葉菜野花(はなやか)」

店舗はぐっと広くなって、「MAUNI(マウニ)」という広い食堂もオープンしました!

「MAUNI(マウニ)」という広い食堂

食堂のメニュー

食堂では、いろいろなメニューがあるようですが、お目当てのカツカレーは売り切れで、僕は豚丼、妻はカレーライスを注文しました!

カレーのご飯は北海道をかたどって作られていました!

豚丼

カレーライス

どちらもおいしかったです!

PAGE TOP